【感想】東方神起 LIVE TOUR 2012-TONE- 再追加公演 東京ドーム2日目

2012.4.15(日) 18:00~

東方神起 LIVE TOUR 2012-TONE- 再追加公演 東京ドーム2日目

私にとって「TONE」ツアーは3回目。
今まで数多くのアーティストのライブに行ったけど、リピートしたいと思う人たちは数少ない。
東方神起はセットリストは同じでも、毎回違った顔を見せてくれます。
だからリピートしたくなっちゃうんですよね、きっと。

今回のステージは余りにも感動したので、多くを語る必要はないかもです。
アリーナツアーとの違いをザッと紹介↓

以下、ネタバレあり。

映像の変更が何箇所か・・・覚えてる限りで。
・OP映像
・「Introduction ~ magenta ~」
・「WHY?」前映像
・「Rising sun」前映像


追加曲が2曲。削除曲はなし。

「ウィーアー!」と「SHINE」
どちらもトロッコに乗って移動しながらのパフォーマンス。
もちろん、サインボール投げもアリマス!(笑)

トロッコは2回使います。
1回目は・・・
「ウィーアー!」でメインステージからバックステージに移動。
バックステージで「Easy mind」、「summer dream」
トロッコで移動しながら「High time」

2回目は・・・
トロッコ乗りながらトークで移動
バックステージで「STILL」
トロッコで移動しながら「SHINE」


東京ドームの初日にはなかったらしいのですが、2日目の15日は公式サプライズ企画がありました。
ついでに、映像化のために撮影用カメラが多数設置されてました。
上空にもカメラがあり、前後前後と移動しまくっていて空中撮影もかなりしてましたね。

座席に白いサイリウムが貼られていまして、「STILL」でスクリーンに「WHITE」と表示されたら
赤のペンライトから白に切り替えて、ホワイトウェーブを作る!というもの。
そんなスクリーンなんかに指示出しちゃったら二人が気づくんじゃないかとアセアセしましたが
そんな心配は不要でした、サプライズは成功でした^^

サプライズ企画は本人たちは知りません。
突然目の前の光景が赤から白に変わって驚かれたと思います。
そして私たちもその後驚かされます。ユノが目を潤ませていることに・・・

歌い終えて、メインステージに戻り「weep」。
そこからダンサーさん、バンドさんの紹介をしている間ずーっと涙で顔がクシャっとなった。
会場みんなのユノコール、声援をうけ、涙をこらえながらユノの挨拶。でも声は涙で震えています。
見てるこっちが切なくなる挨拶。

とにかくファンのみんなに感謝を、支えてくれたみんなに感謝を・・・その気持ちがすごく伝わりました。
ちょっと前まで(特に「Easy mind」のあたりw)おちゃらけて踊ってたユノが泣いている。
いままで、泣くことをよしとしなかったユノが。
なんかもう、漢だなぁと感じました。
あのね、乙女はギャップに弱いのです。
ダンスがすごくかっこいいユノ、なのに三枚目な事も出来ちゃうユノ、
カメラサービスにぬかりないユノ、どこかお父さん的な優しげなユノ、そして涙のユノ・・・

もちろんチャンミンにも感謝です。
ラスト曲の前にセンターステージで挨拶。
涙で上手く話せないユノにかわり、チャンミンがしっかりと挨拶。しっかりユノを支えてました。
2人の絆みたいなものを感じましたね。

ステージの端から端まで移動して客席に礼。
ここでもユノは深々と90度の角度で。長い時間かけて礼。
いつも最後の礼は長めのユノだけど今日は特別深く長かったなぁ・・・。


(!ここから温度差注意!)


最後に印象に残ったトークを紹介。

「ピカルの定理」ネタを今回もやろうとするんですが~、
2人はあのネタをビミョーな気持ちでやってる感じでしたね。
このやり取りを「意味のない時間」と言ってたしwww
で、この流れに・・・↓

チ「正直上の方の人からも『やらなくていいんじゃないか』って言われてるし・・・」
ユ「・・・上の人?東方神起のボスは俺だ!!! ・・・ワイルドだろぉ~?・・・(ドヤ顔)」
チ「・・・ ・・・ ・・・」


今日の黒チャンミン。
今回もMCもいろいろ黒かったですね。
特に印象に残ってるのは・・・

「Rising sun」を終えて・・・
チ「・・・ハァハァ・・・皆さん楽しんでますか?・・・ゼェゼェ・・・」
客「ハーイ!!!!!!!!」
チ「・・・・ ・・・ 僕らがこんな死にそうな顔してるのに楽しいですか・・・ゼェゼェ」

ですかねw

はぁ、
・・・大阪・・・行こうかな


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック