「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」弐年目もーど 進ルート【感想】

ちょろちょろ攻略してます「キネマモザイク」
なんせ私の身分は、昼は普通の会社員でして、使用人になるのは夜の限られた時間、2.3時間しかありません。
そんなわけで、クリアするのに時間かかってます(^^A
キネモザは無印以上にゆっくりやってます。だって一気にやったらもったいない!
・・・なんて思ってたけど、ゆっくりやると飽きるねヾ(;´▽`A``アセアセ
ちょっと後半だれてきました。やっぱり好きキャラから攻略した方がいいんだな!と今更思い始めた。
だがもう遅いっ!!

先のブログにも書きましたが、
今回のキネマモザイクは攻略順を決めています!!

(敬称略)
守 ⇒ 茂 ⇒ (喜助) ⇒ 勇 ⇒ 雅 ⇒ 博 ⇒ 進(イマココ) ⇒ 正

とうとうラスト2人・・・
無印でNo.2だった進様を攻略しますよー。

No.2と言いつつも、No.1の正様とはほとんど差がないですからね。
むしろ「回顧録」を見る回数は進様の方が多いですからね!

まずは『後日談もーど』からプレ~イ。


・・・
・・・ ・・・ なんつーか、なんつーか

・ ・ ・ 平 凡 ・ ・ ・

あれ・・・おかしいな。
進様って黒いのが売りだと思ってたのに、なんか普通ですよ。
結婚前の引越し準備やら、両家への挨拶やら、そんなのばっかり。

黒い一面がまったくない!!!!

こんなの、私の好きな進様じゃないやい ・゚・(ノД`;)・゚・


***・***・***

【感想】宮ノ杜進(CV.梯篤司)
「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」公式サイト


まぁ、そんなわけで後日談はイマイチ盛り上がらなかったんでね、
じゃあ弐年目はどーなのよ??
と、鼻息も荒くプレイしてみましたよ。
(ココまでの流れ、博様とほぼ同じ・・・)

うーむ・・・
なんか普通。平凡。
7月序盤までは、進様に萌える!というよりは杉村たえにキレる!
・・・って、そんな印象でした。

キネモザ始めてからずーーーっと思ってたけど、
杉村たえの性格が格段悪くなっている!!!もうあえてフルネーム書き。
無印のかわいかった「たえちゃん」はもういない。これは「ツンデレ」で片付けてはいけない!
特にこの進様ルート序盤はそう思ったね。
嫌な女になっちまって・・・これじゃ三治がかわいそうだよ。ホント。

最近は、まず回顧録のタイトルを見てどんなイベントがあるのかなーと楽しみに
ゲームを進めてたんだけど、進様の回顧録で「二人ノ専属」という文字を見たときに嫌な予感はしてたんだよね・・・
仕事は確かに出来るんでしょうよ、キャリアもあるしね。この仕事を一生のものにするっていう気負いも違う。
でもさ、でもさ、二人で専属を取り合うシーンはやりすぎじゃない??
はるを押しのけて弁当(たえ手作り)を渡したり、イライラしてはるに平手打ちしたり、
専属系の仕事を先回りしてほぼ独り占め、ハルに仕事をさせないとか・・・なんなの!?( Φ益Φ)y-~~~~~

ホント嫌な展開だった。こんな状況を作ったMJKS様が憎い。

そして進様は最初っからはるに対して好意を寄せてまして、コレもなんだかなぁという感じ。
はるに差し入れで洋菓子大量に買い込んだり、
はるが専属になったら無邪気に喜んじゃうし、手ぇ握っちゃうし、あっさり鍵もくれちゃったりー・・・
なんだかなぁと・・・。

私が見たいのはデレてる進様じゃないんだよぅ!!

黒を、もっと黒をーーーーーーーー!!

とか言ってるうちに、このルートの秀男はとてつもなく悪!w
守様とはるを撃ちます。はるはそのせいで手術と入院、その後も障害が残ってしまうという鬱展開。

そして、7/31・・・
やっと

黒 進 様 、 覚 醒 (屮・ω・)屮

待ちわびた黒進様!
でも、でも、でも、でもっ!!!やりすぎ!!!
正直この日の進様は怖かったーーー。
そしてこの後の展開も・・・鬱・・・。
無印以上に進様は「無」になります。あっさり専属も解除となってしまいました。
でもMJKS様が倒れたのを見て、いつもの穏やかな進様にチェンジ!
このきっかけがねぇ・・・なんかやっつけな感じ・・・

毎回楽しみだった「藪入りイベント」も進様と三治と杉村たえの3人のみ。
私はねー、ご兄弟が見たいんだよぅ!
まー、縁談は棚ぼた式に破談となり、「jだったらまた専属になってよ、命令ね!」みたいな強引な進様。
声は穏やかだけど、どこか冷たい印象を受ける。
屋敷に戻ってからも、声は穏やかなのに冷たい進様。
実家の両親が心配だから2日だけ実家に帰りたいというはるの願いも、
はる以外には興味ない、はるの両親にも興味がない、だけどはるの願いだから聞いてあげよう。
・・・みたいに言われてしまいます。ホント冷たい。
このあたり、はると進様のすれ違いがすごく苦しくて心臓わしづかみにされた気分でプレイしてましたよ。。。
黒い進様は好きだけど、キネモザの進様は黒いっていうか、病んでる・・・

そして徐々に進様の穏やかな面が戻りつつある中で迎えた9月の本城院茶会。
ここで今度は守様がきっかけとなり三治の裏切りに気付く。

再 ・ 黒 進 様 覚 醒 !(屮・ω・)屮

三治をかばうはる⇒それでも発砲⇒はるのおさげにHIT!!・・・えぇぇぇ??
・・・うーん、すごい射撃スキル持ってんな、進様・・・
髪の毛にヒットして片側の髪が短くなって、髪は女の命だから責任とって進様が残った方の髪を切る。
そしてこのとき結婚することで責任を取るんだと決意したわけですね。

その後、
MJKS様の余命が短いこと、それを偶然知ったはるがMJKS様に脅され、賭けをすることになる。
賭けの代償は実家の畑取り上げ!もしくは家族の殺害・・・こえー!やっぱりMJKS様最凶!
・・・とまぁ、ごにょごにょと時間が経過して、迎えたエンディングスチルが良かったー!
応接室にMJKS様と加山首相と進様。響く銃声。暗転・・・撃ったのは誰?撃たれたのは?
そしてスチル。はるを後ろから抱きしめる進様、汗をかいて息は荒い、手には血。
はるの気持ちを確認したところで倒れる!撃ったのは加山、撃たれたのは進様だったんですね。

その後、ご兄弟が駆けつけ病院に運ばれたらしいんですが、ココの連携プレイも詳しく見たかったなー。
博様の説明だけであっさり終わっちゃったし。まぁしょうがないけどね・・・。

そして問題のエンディングスチルですよ・・・

ここでも三治とたえ!!!!!

三治とたえの結婚式にて、イチャコラするはると進様なんだけど・・・
どうにも右隅っこにいるたえと三治が視界に入る・・・むーーーーー・・・
最後の最後まで絡んでくるな、杉村たえ!

後日談は、はるの実家でMJKS様も病気を知る人+はるの家族だけで式を行うことにしたんですが、
その条件に該当する宮ノ杜側の参列者はMJKSさま、平助、千富 以上3名!
祝ってくれてるのは千富さんだけなんじゃ?と心配になる。
まさかMJKS様がはるの実家にやってくるとはね・・・ここでの平助とのやり取りがなかなか面白かったな。

で、さ・・・このルートで一番印象に残ったこと
それは、進様の黒さでも優しさでもエロさでもなく、

杉村たえ、マジむかつく!

何度も書いてるけど、
ダメだ・・・とりあえず、キネモザのたえちゃんはどのルートもいまいち好きになれない。
しかし、このルートのたえちゃんが一番ダメ。
ただでさえ苦手意識が働いているのに、このルートは三治との絡みがあるから、必要以上にたえも絡んでくる!
マジなんなの?すっこんでろ!と言いたくなっちゃうほどよく出てくる。

8月薮入りイベントで、
たえのファーストキスを三治に奪われてしまってからは「最低男」呼ばわりし続け、
あんなヤツどうでもいいと言いながら、やたらと三治の近況に詳しい女、杉村たえ。
「出来たみたい」と三治に言い放ち、「接吻しかしてないのに!?」「・・・嘘よ」と軽くあしらう女、杉村たえ。
こんな女、周囲にいたらどう思いますか? 私はダメですね。女に嫌われる女ですよ!
自分が仕事や恋で行き詰って悩んでるときに、こんな女がいたとします。
そしてこっちの状況を知ってて「前に話した最低男がさー!」って会うたびに話しかけられたら・・・、
これはもうノロケですよね。自分勝手なノロケ。しかも自覚ナシの!いるよねこういう女!
大好きな進様ルートなのに杉村たえのせいでかなりかすんでしまいましたよー!
むしろ進ルートっていうより「三治・たえルート」の印象が強い。

もういい加減聞き飽きた「友達なのに!」「友達だから!」のセリフ。
なにかと友達をごり押ししてきて、秘密を共有しようとすることしばしば。
何でも話せる間柄かもしれないけど、MJKS様に脅されてんのに言えるわけない!
言えば実家が危ないってのに言えるわけない、そういうの全然察知しないヒステリ鈍感女!それが杉村たえ!
無印ではツンデレキャラだったけど、今回はなんだか終始「いじわるな同僚」って感じだったなぁ。

なんか進様の感想というより、たえの感想になってしまった・・・
しかも長々と・・・

気を取り直してラスト正様やりましょう。大本命・正様 (屮・□・)屮 カモーン
今度はたえちゃん出しゃばってきませんように・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック